<< セフレじゃないよ | main | ネットのモラル >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.11.02 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

セフレじゃなくてメル友

 忙しいけれども、とても貴重な朝の時間。1日の始まりの短い時間を使って、カラダもココロも若々しくなれるような新しい習慣を提案します。

■朝の光で、全身の細胞を活性化!

 朝はイヤイヤ起こされるより、スッキリ自然に目覚めたほうがストレスも少なく健康的。眠いからといって眉間にシワを作ってばかりいては、そのうち取れなくなってしまいますよ。

 多くの人は朝、目覚まし時計のアラームで起きています。でも、爽やかに目覚めるためには、もっと良い方法があります。それは光を上手く使うこ と。徐々に明るくなる光で目覚めるほうが、急に鳴る大きな音に起こされるより、スムーズに睡眠から覚醒に移ることが分かっています。

 カーテンを少し開けておいて、朝日が顔に当たるように工夫したり、遮光性の高い素材を止めて、薄手のカーテンに換えてみてはいかがですか? 防犯上の問題があるときには、窓ガラスを透明なものからすりガラスに変える手もあります。

■目覚ましランプ&時計でスムーズに目覚める

 もっと手軽で確実なものが希望なら、バイオブライト社の 「グッドスリープライト」 をお勧めします。これは、睡眠医学の先進国・アメリカで開発されたアラーム機能付きの目覚ましライト。設定した時刻がくると朝日が昇るように徐々に明るく なり、30分かけて寝室を朝の光で満たしてくれます。

 明るさが増すにしたがって、深部体温が順調に上昇し、覚醒方向へ身体の準備が促進されます。また、交感神経系の活動を活性化するので、起床直後の眠気が解消され、「今日も一日頑張ろう気分」をもり立てる効果も報告されています。

 もちろん、通常の目覚まし時計のアラーム機能もついています。夜には読書灯として使えますし、眠るときには、30分かけて自然に消灯させることもできます。

■姿美人は、布団の中のストレッチングから

 朝、首や腰が痛くて目が覚めることはありませんか? ヒトが2本足で立って歩くようになってから、首や腰の痛みが始まったといわれていますが、こんなことで新しい1日を台無しにしたくないですね。

 そんなときには、起き上がる前に布団の中でストレッチングすることをお勧めします。

 まずは首から。前後左右と右回り・左回りの6方向に、首を動くだけ動かします。このとき、速くやると痛みが出やすいので、ゆっくりと大きく動かしてください。痛気持ちよい程度まで動かしたら、そこで5〜10秒間、止めておきます。

 腰は仰向けの状態で、左脚→右脚→両脚の順に、太ももを胸にくっつける気持ちで膝を抱え込みます。このとき、腰から骨盤が床に付くように、腰を後ろに突き出す気持ちで行うと効果的。

 次に、上半身は仰向けのまま股関節と膝を90度曲げ、腰から下を左に、そして右に大きくひねりましょう。関節が鳴ることもありますが、痛くなければ気にしなくて良いです。腰のストレッチングも、それぞれ5〜10秒間ずつ行います。

 体が痛いと、どうしても姿勢が悪くなりがち。朝一番のストレッチングで痛みを解消・予防して、格好良い姿美人になりましょう!

■アイソメトリックスで、たるみを引き締める

 上腕の後ろ側のお肉はたるんでいませんか? また、お腹に余分な脂肪はついていませんか? ここでは、ストレッチングに続けて、布団の中でできるスタイル改良エクササイズを紹介します。

 上腕の後ろには「上腕二頭筋」という、肘を伸ばす筋肉があります。上腕のたるみをとるためには、この筋肉を鍛える必要があります。

 そこでまず、左手首を右手で握ります。その形で左肘を力いっぱい伸ばそうとし、一方、右手は左肘を伸ばせないように邪魔をします。そして両手の力が釣り合った状態で、5〜10秒間がんばります。

 次にお腹のたるみ。腹筋を鍛えるとこのたるみが減りますが、あなたは腹筋運動を何回できますか? 特に女性で普段ほとんど運動していないと、いわゆる腹筋ができない人がいます。そんな人も、ご安心ください。

 まず仰向けの状態で、両膝を直角に曲げます。そして、おへそを覗き込むようにして、背中が床から浮き上がるように頑張りましょう。できれば5〜10秒間、この状態を保ちます。回数は10回を目標に、できる回数から始めて無理せずに少しずつ増やしていきましょう。

 通常アイソメトリックスは、ゆっくりと呼吸しながら行います。それは運動によって、血圧が上がることがあるからです。でも、このことを上手く利 用すると、低血圧で起きられない人がスムーズに起きられるかもしれません。個人差がありますから、血圧を計りながら自分に合ったやり方を見つけてくださ い。

■熱いシャワーで体温と血圧を上げる

 布団から出ても、まだスッキリと目が覚めないときには、熱めのシャワーがお勧め。私たちは眠っている間に、汗をコップ1杯分もかいています。新しい1日のはじまりには、べとついた汗を洗い流して、肌の新陳代謝を刺激しましょう。

 眠っている間に低下していた体温は、覚醒モードに切り替わる頃から上昇してきます。普段、低体温気味だったり気温の変化に弱い人は、この体温調節が上手くいきません。そんな方は、熱いお湯で体の外から温めて体温を上げると、頭もスッキリしてきますよ。

 さらに、低血圧で朝が弱い方にも朝シャワーがお勧めです。熱いお湯は、交感神経を刺激して血圧を上げてくれます。ちょっと辛くても頑張って布団から抜け出して、熱めのお湯を浴びてシャキッとしましょう!

 シャワーの効用は温度だけでなく、水圧にもあります。手先や足の先から徐々に心臓に向かってシャワーをかけていくと、むくみ解消に役立ちます。二日酔いの朝に、強い水圧で顔から首にシャワーでマッサージをすると、引き締まった顔になりますよ。

■アロマ・シャワーで気分スッキリ

 香りを上手に使って生活の質を高めている人は、お風呂タイムにもアロマを取り入れています。朝の忙しい時間には、アロマ・シャワーを楽しみましょう。

 方法は簡単。浴室の床に、お好みのエッセンシャル・オイルを2〜3滴たらしてシャワーを浴びるだけ。お湯の熱や飛び散る水滴の働きで、アロマが浴室全体に広がります。

 目覚めに効くエッセンシャル・オイルには、気分を爽快にしてくれるペパーミントや、集中力・記憶力を高めてくれるレモン、殺菌効果もあるクールな香りのユーカリ、心身の疲れや無気力感にも効くローズマリーなどがあります。

 アロマを嗅ぐと、脳の中でも感情に関係する部分や、自律神経・ホルモン・免疫に深く関係する部分へ刺激が伝わります。それによって心身ともに健康美人が作られるのです。


最近(というか前から)朝の寝起きが悪く、困っていたら…

この中にある《太陽光で目覚める》を実践してみた。

すると…


なんてことでしょう!!!
目覚まし時計×2
携帯アラームでもなかなか起きられなかった俺が、3日連続で6時に目覚ましなしで起きているじゃなぃですかΣ( ̄口 ̄)
そして心なしか体調もいいみたい。

早起きは三文の得
(まぁ三文って大した額じゃなかった気がするけど…)
夜更かしするなら朝早く起きて、出勤、登校前にやりたいことをする。

健康にも良さそうじゃない?

ぜひ暇があったらやってみてね。



スポンサーサイト


  • 2009.11.02 Monday
  • -
  • 20:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
free space
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」